学校のゴルフ部(部活動)

秋田の営業回りをしているときに、「秋田の高校にはゴルフ部がないんだよ・・・」という高校ゴルフ部話に。
私もその辺は詳しくないが、ゴルフ部が北東北に2校あることは知っていた。盛岡中央高校と八戸工大一高。しかし調べるてみると、どうやら4校あるらしい。(平成29年度全国高等学校ゴルフ選手権大会 東北予選出場校から)

http://tohoku-kougoren.jp/works/images/competition/17tohkdd_f_2.pdf

北東北の4校は以下の通り(個人練習している選手は他校にもいるだろうが、団体戦に出場できている高校数は4校)

・八戸工業大学第一高等学校 http://www.kodai1.ed.jp/?page_id=49

・青森県立六戸高等学校 http://www.rokunohe-h.asn.ed.jp/?page_id=52

・青森県立十和田工業高等学校 http://www.towada-th.asn.ed.jp/?page_id=83#17

・盛岡中央高等学校 http://www.chuo-hs.jp/club/2013/10/golf.html

青森に3校もあることに驚く。しかもその3校は三八上北地域に密集。各高校のホームページにクラブ紹介があり読んでみると、八戸工大一高は八戸CC(学校から約10㎞)と、十和田工業高校はみちのく国際GC(学校から4㎞)と提携して練習しているようだ。六戸高校は十和田国際CCに隣接(学校から800m、提携等は不明)。八戸工大一高は河川敷にある八戸ゴルフ倶楽部までなら約6㎞と近い。

すぐゴルフができる環境。ゴルフに触れ合うことができた環境。そんな状況がゴルフ部創設という流れになるのだろうか?

ジュニア育成というと選手強化と思いがちだが、すそ野を広げる視点からすると、まずはゴルフに触れるチャンスをつくるという活動を平行して行う必要があるのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine + fourteen =