初ラウンド後、ゴルフをやめると聞いて企画したイベント-気軽にゴルフ体験-

『気軽にゴルフ体験』イベントも10/5のステップアップコースを残すのみとなりました。2018シーズンも、のべ200名以上の方にご参加いただきました。

今年も色々お問合せもあったので、改めてこのイベントを企画した経緯などを記載します。来年以降、参加コース選びの参考になれば幸いです。

======

●気軽にゴルフ体験を始めた理由

数年前にゴルフ体験イベントを始めたきっかけは
ゴルフに初めて行ったという女性からの感想で
『はしれ、はしれと言われて辛かった。
こんなゴルフにはもう2度と行きません』
という出来事を聞かされた事です。

せっかく始めたゴルフなのに、やめるきっかけが
ゴルフ場での初ラウンドで起きているという現実です。

そして、その女性はこんなことも
『大丈夫、大丈夫。ちゃんと教えてあげるから・・・
と言っていたのに、全然教えてくれないし』
初ラウンドで不安な女性を、大丈夫と誘って連れ出していながら
結果的にフォローしきれなかった上級者の方への不満も。

初ラウンドの時にはわからない事だらけです。

その時に、マナー・エチケットを守れとか
スピードアップと言われても全く分かるはずがありません。
パニックになりゴルフの楽しさを知らずに終わってしまいます。

仕事のように給料をもらっているのであれば
少々の無理をしてでもやってもらわなければなりませんが、レジャーや趣味としてのゴルフなのに
『なんで、つらい思いもしてやらなければならないのか?』
と、思うのは至極当然なことです。

そんな話を聞いて思いました。
『こういうことは、なくせないのか?
ゴルフの楽しさを簡単に知ってもらう方法はないのか?』と。

●ゴルフ体験コース・ラウンド体験コースを企画

ゴルフには、ボールを遠くに飛ばしたり
イメージ通りに打てた時の快感もありますが、
芝生の上でボールを打ち、自然の中で行うスポーツというところが魅力。

練習場だけでは味わうことのできない魅力を
ゴルフを始めようと思った人に、
できるだけ早めに知ってほしいと企画したのが、
『ゴルフ体験コース』と『ラウンド体験コース』です。

ゴルフ体験コースは、ゴルフ未経験者も参加できるコース。ゴルフを始めるときの入り口は練習場というのが定番ですが、大自然の中でゴルフというスポーツを知ることで、より興味を持ってもらえるのではと考えています。

約4時間半のなかで、意外と好評なのはパター練習場でのミニパターゲーム。パターはただ転がすだけで簡単そうに見えるのに、意外と真っすぐ打てなかったり、距離感の合わなかったり、そして右や左に曲がるラインが難しかったなど。練習場経験者にとっても、味わえない感覚があるようで、ゴルフ未経験者・初心者が参加されます。そして、実際コース見学しながら芝生の上でショットすれば、ゴルフ場の良さを一発で感じることができます。(たまに天候が悪くても、皆さん十分に楽しんでますね)

ラウンド体験コースは練習場でショット練習をはじめ、ボールが前に飛ぶようになったら参加できるコース。実際にコースをラウンドしていきます。自然の中でプレーし、芝生の上でボールを打ってもらう。周りからはまだコースに出るのは早いかも?と言われているような方でも参加できるコースです。

前述の女性の話を聞いて、最初に企画したのがこのコース。

初ラウンドの時の嫌な思いをする原因は、『同伴者に急かされたり』『周囲からの早くしろ!の無言のプレッシャー』『難しいルールやマナーをどんどん叩き込まれる』ことです。

そこで、このコースでは急すことはせずに、じっくりと参加者のペースに合わせて進行していく『時間制限制のプレー』にて行うことです。主に全体のプレーの流れをつかむことを優先し、細かいルールやマナーは徐々に伝えていく。スタッフが各組1名サポートにつくので、わからないことはどんどん聞けるし、後ろから他の組がきても、うまくパスさせたりします。

そして、3時間以内に回れるところまでまわる。だから9ホール回れない組もあります。最小で6ホールで終了した時もありました。もちろん十分ラウンドできそうな組はそのまま9ホールラウンドして終了します。

ゴルフ経験者の気持ちとしては、9ホール回らないと満足しないのでは?と思いますが、同伴競技者とどのようにプレーをしていけばよいのか?コースの凸凹具合は?など、実際に感じられるだけで、参加された方は満足しているようです。そして、次回は9ホール回るぞ!とかラウンドデビューするぞ!本番はこんなゆっくりじゃダメなんだ!といろいろな目標を持つきっかけとなる。

●初心者のもう一つの悩みから生まれたステップアップコース

ゴルフを始めた時のもう一つの悩み。
ゴルフの楽しさは感じ始めているけど、『一緒に行く人がいない』事です。

初心者と一緒にゴルフをする同伴競技者は
いろいろとフォローしなければいけないことが沢山あります。
尚且つ、9ホールを2時間で回ってくるという時間制限もある。

上級者といえど、なかなか自分のプレーに集中することはできません。

最初に書いた、初ラウンド後にゴルフをやめた女性を連れて行った上級者も
はじめはいろいろ教えていても、
自分のショットが乱れるとなかなか同伴者をフォローしきれない。

フォローすれば、進行がどんどん遅くなり後ろの組へ迷惑となる為、
ホールが進むごとに、進行優先で語気も強くなってしまう。
(いそげ!いそげ!)

だから、ベテランのゴルファー達は初心者に
『うまくなったら、一緒にいこうね!』
と、声を掛けます。
上級者もプレーが楽しみでいっているので、
こう思うことも至極自然なことです。

そうなると一緒に回ってくれるのは、どんなことも大目にみてくれる友人や職場の同僚たちとなるのだが・・・

昨今、会社の就業の体制もどんどん変わり
同僚や友人と同じ日に休みが取れなくなっているため
一緒にいく機会がなかなか見つからないらしい。

初心者がゴルフに行く環境が悪くなってきています。

そこで、ゴルフを始めたがなかなか行く機会がないという初心者向けに
ゴルフの経験を増やしてほしいと企画したのが
『ステップアップコース』です

各組にサポートスタッフが1名つき、9ホールをプレー。
最後に集計をしてミニコンペ形式にしています。
何度もリピートしてもらい、
ラウンド経験を積み、
誰とでもゴルフに行けるというレベルまで
ステップアップしてもらう場として活用してもらう。

したがって、このコースは通常ラウンドに
できるだけ近い形での進行を心がけています。

エチケットやマナーなども、徐々に伝えていきます。
※サポートスタッフもつき、時折特別ルールなども使いながら
2時間半ぐらいではラウンド終了することを目標にしています。

======

そんなゴルフ体験イベント及び各コースの内容をご理解いただき、
来年開催される際は、レベルに合わせてのご参加、お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 3 =