ジャパンゴルフフェア2018に行ってきました

今年もタイミングが合い、ジャパンゴルフフェアに行ってきた。今年の来場者数は57,197人。昨年より1,034人増(ビジネス関係者599人増、一般168人増、報道267人増)。そして今年は、宮里藍プロ(BS)、石川遼プロ(キャロウェイ)の参加が注目され、盛り上がっているように見えるが、全体的には縮小されているようにも感じた。その差は特に大手ゴルフ用品メーカーに感じられる。キャロウェイ、PINGは気合が入っていて、その他のメーカーは展示スペースが小さくなっていたり、目立つイベントも少な目。ある関係者は、クラブの発売時期と展示会の時期がずれているため、『新商品発

表!』という意味合いが減ってしまったという声も聞いたことがある。そして以前は、各ブースで配られた大きいトートバックも今年は『CRAZY』のみ。この辺でも、各メーカーのコスト削減方針を感じてしまう。(確かに、以前は配りすぎていた感じはあるけど・・・)

ただし大手メーカーが減った分、新興ゴルフ用品企業の出店は多く、そこにも興味がある私にとっては、今回も色々面白い発見もあったのでご紹介。

★溶剤不要の両面テープ

グリップ交換時に使用する両面テープで、通常は両面テープに溶剤をつけて、一時粘着力をなくしながら装着するものだが、その溶剤の代わりに水を使用できるというもの。家の中でできなかったり(換気が必要)、溶剤を購入しなければならないなどあったがそれを解決してくれるもの。両面テープの厚さバリエーションも今後増えていくらしいので注目ですね。

 

★犬のキャディバックカバー

単純に見ていてかわいい。こんなのがあったら思わず見ちゃう。汚れたら丸洗い可といのもうれしい。目立ちたい人、犬好きな人にはいいかも。

 

 

★打った場所・打数を記録してくれるアイテム

使用クラブのグリップエンドに約7gのセンサーをはめるだけ。スマホと連動し打った場所や打数を数えてくれる。キャディバックにドン!と入れて衝撃を加えても大丈夫。各番手の飛距離等も計測してくれるので、分析好きには良いかもしれません。

 

 

 

 

★縦溝のドライバー

 

 

 

 

 

 

 

メーカーさんいわく、とにかく曲がらないそうです。2018年6月発売予定。

★motion by HOMMON ヤーデージブックカバー

あの、宮里優作プロも使用している本革使用のヤーデージブックカバー。(約4万円)

ゴルフなびでも今年からヤーデージブックを作成しますが、それにも使用できるサイズ。高級志向の方は検討。

★ファッションショー

今年はじめてファッションショーを見ました。しかも2回。実は今回ゴルフフェアの見どころが少ないと感じていて、しかも最終日はイベントは少ない(藍ちゃん・遼くんは2日目だったし)。ここは試しに見てみようか!と思って参加したら見事にハマり、午前・午後と2回もみてしまった(笑)


ちょっと、夢、感じるステージでした。

最後の記念写真。女性モデルは列ができてしまったので、男性モデルと記念撮影(笑)。ステージでボケを連発していた男性モデルたち、カッコよかったです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 − 4 =