夜行バスに初めて乗ってみた。これは使える。

ゴルフなび冬号を12月3日に発行。悪天候で配達が遅れるか?と予想していたにもかかわらず、何とか日程通り12/14までに任務を完了。そこで、12/15に開催される女子プロゴルファーによるシミュレーションゴルフ大会を観戦しに、東京に行くことにした。

さらに、その交通手段として夜行バスを利用することに。私は昔から『虚弱っキー』と呼ばれ、夜更かしや睡眠が不足すると体調を崩すことがおおく、寝不足になりそうな夜行バスは避けてきたのだが、値段の安さと最近の夜行バスは悪くない!というウワサも良く聞くので、時間に少し余裕のあるオフシーズン中に体験することにした。

国際航業(株)東京ー盛岡線ドリーム盛岡号(らくちん号)

行きで体調は崩したくないので、スペースが広いであろう3列シートであることと、万が一の不安が減るトイレ付であることを条件とし、少々値段は高いが予約することにした。片道8500円。

列ごとにカーテンでまじ切ることができ、シートより下部分では個室的なスペースを確保できる。私の席は最後尾の座席のため、そこだけ4列シートで隣のシートとは近接していたが、それでもギリギリカーテンでまじ切れるので、まぁよしとしよう。ただし、足のスペースが微妙に足りなく窮屈に感じる。寝ていても、いまいち足の置く位置が定まらなかった。でも真っ暗にされた車内では、外を全く見ることなく、東京に到着。まあまあ睡眠もとることができたので良し。結論・・・これは使える!

オリオンバス、のびのびシート 関東発、盛岡バス

帰りは、ちょっと冒険?し4列シートにすることに。のびのびシートは前後のスペースが広いタイプ トイレなし。片道4,000円

2席づつが隣り合わせの4列シートタイプ。私は通路側の席で、窓際の席にはちょっとガタイの大きいお兄さん。そのためか席間のひじ掛けと多少私のスペースへの足のはみだしもあるが、体形的に致し方なし。むしろ通路側でラッキーだったかも。4列シートで通路側の場合、通路のスペースがばっちり使えることと、トイレへも気兼ねなく行くことができるからだ。窓はカーテンがずっと閉められているので、外の景色が見えるわけでもないので窓際のメリットはあまりないように思う。もし座席指定ができるなら通路側だな。

それにしても帰りのバスは行きのバスと違い、足のスペースが広い。足を置くプレートなどは一切無いのでグレードは下なのだろうが、そのおかげ?でスペースが広く使えているのだ。しかも前席のシート下が広く開いているためそこまで足を延ばすことができる。腰を少し前へズラシして座る私にとっては、すごくいい。この値段でこの快適具合なら十分だ。あとは、隣がどんな人になるかのリスクは残るが・・・。帰りもトイレ休憩で2時間おきに起こされてしまうものの、しっかり睡眠がとれた。しっかりと言っても、布団で寝たほどではないが、まっっ、寝心地の悪いホテルのベットに泊まった時ぐらい・・・には寝れた。これも使える!

『夜行バスが快適だ』というウワサは本当だった。今回乗ったものより、評判の良いバスもあるらしいし、来年はPGAツアーが千葉で開催されるので観戦にも行きたいし、今後の足として活用させてもらおう。できれば、首枕はあったほうが良い。

ただし、気をつけなきゃいけないのは高速バスの待合所(画像は東京駅鍛冶橋駐車場)。大混雑で待合室外側にあふれ出ている。時間をつぶすところがないからといって早めにここにきても、座る場所もないのでここで長時間待つのは難しそうだ。

それにしても10分おきにカッコいいカラーリングの大型バス5台以上が満席で出発していく高速夜行バス業界。しかも運転手2名体制。こんなに規模が拡大しているなんてちょっと驚きです。これでは運転手が足りなくなるわけだ。

 

これでWeb中継も快適?IPV6で回線スピード改善

大きいデータのやり取りや、インターネットで動画を見たりと生活に必須になりつつある光回線。それがここ最近?数か月前から夜間の速度が遅すぎる。ゴルフネットワークもWeb視聴を契約したが、解約した。ま、解約理由はあまり見る時間がなかったというのも理由だが。

 

 

 

 

このスピードなら、データのやり取りもなんとか我慢できるが動画は難しくなる。20時頃には0.1~0.4Mbpsぐらいになり、とてもじゃないが作業に支障がでる。いづれにせよ、夜間の業務に支障をきたすため、重ーい腰をあげて色々確認。

 

まずはNTT東日本へ。

遅い旨をWebから連絡したところ、次の日に連絡が入りさらに次の日には工事の人が訪れるというスピードの速さ。「近隣の回線で、不調の原因と思われる信号が出ているので対処します」と。

しかし、対応後も速度は改善されない。(それが原因ではなかったのだろう)

そこで、またまたNTT東日本へ

夜間の調子が悪いといったら、夜間にモニターしてくれたみたいで夜22時に連絡がはいる(事前に連絡くることは確認済)。「NTTの回線は問題ありませんが、その先で速度が遅くなっているようです」とのこと。

とにかく、NTTの対応スピードが速くて驚く。どうやら確認は24時間体制らしい(すごすぎです)

そこで、今度はプロバイダー(ソフトバンク)に電話連絡。内容を話し上記の内容も話をすると「大変混みあっていて速度が遅くなっています。IPV6対応にすると改善されます」と説明。速度が出ないのはIPV4の混雑らしい。ただしIPV6にするには専用のユニットが必要で、それはレンタルで月々約500円かかるとのこと。

 

 

 

速度を早くしたいなら、月々追加料金を払えといわれているようで少々腹立たしいところもあるが、夜間のスピードが1Mbps以下となって、まったくデータのやり取りができない状況は改善したく、しぶしぶ契約することに。

結果。

確かに、大幅に改善。

 

 

 

 

やはり、ネット回線は急速に混雑しているようですね。今後は様々なスポーツがインターネット中継される時代だから、回線のスピードアップは必須。技術的なところは詳しくはわかりませんが、今回線が遅くて困っているひとはIPv6への変更で改善できるかもしれませんよ。まっ、これでゴルフのWEB中継も快適・・・か!?

ドローンレース

今年から仕事の撮影で使い始めたドローン。使い始めると、どんどん興味がわいてきて・・・・気が付けば本日ドローンレース観戦に!
アジアカップ2016 ドローンインパクトチャレンジ

そんな大会が秋田県仙北市で開催された。田沢湖近くのホテル森の風での開催で、車で1時間30分。「これならいける!」と、時間を見つけて観戦してきました。

一言・・・・ものすごい早い!動きが早く俊敏なので、気を抜くと見失います。スマホの動画で撮影したが、半分は見えない(画面からも外れたりしていた)

今回観戦したのは①周回コースでタイムを競うマスタークラス。②2分の時間制限のなかBGMに合わせて演技を披露するフリースタイル部門。(その他あり)

個人的にはフリースタイル部門が面白かったですね。青空の中で、BGMに合わせた優雅な飛行や小刻みな動きなど。小さな航空ショーを見ているようで鳥肌もんでした。

マスタークラスは、だれが勝つのかハラハラドキドキがおもしろい。海外では億単位の賞金レースが開催されるなど、レースビジネスとしても期待が大きい。ただ今回観戦して、ドローンが小さいのでなかなか全部を目で追うことができない(歳のせいか?)。クラッシュするとはっきりわかるのでおもしろかったりするのだが、本来の楽しみかたではないでしょう。目の前を通過するときがスピード感があり、レースの順位もわかるので一番面白いですが・・・。

ちょっとだけ編集したので興味ある方はこちらから。

YouTubeへのリンク

ただ、結構スケジュールが押しましたね。電波が混線しているらしく、FPVがうまく映らないらしい。

遠くからでも見えやすいドローン(ものすごい光を出すとか、煙幕を出し続けるとか・・・)と、スムーズな大会進行ができれば面白いレースになりそうですよ。

この日は炎天下。芝生の上での開催。、観戦するには座って見れたんだけど、照り返しもあり余計暑かったんだと思う。レースまでの長い待ち時間は、ちとくたびれましたね。

その暑さに負け準決勝の途中で退散。気力を失ったわたくしはカバンに忍ばせた一眼レフカメラを一度も出すことなく退散。でもせっかく持ってきたのでと、帰りに道中でシャッターを押した一枚がコレ。

左は人気店の「峠の茶屋」(ただいま休業中)。右は秋田新幹線こまち。グットタイミングでした。

指摘されることは宝物

ゴルフなびではメルマガをたま~に発行しています(笑)。このブログと同じく気ままに発行、月2回ぐらいでしょうか?ゴルフなびのイベントなどのご案内を主にお送りしています。

そんな、たま~にしか発行しないメルマガを1日に2回発行することに。

そうです。発行したメルマガに『間違い』があったのです。すぐさま訂正メールを送ったため、2回発行となりました。

今回気づいたのは自分自身ではなく、お客さまからのメールでのご指摘でした。ただし、そのメールの結びがうれしかったのでご紹介。

===メールの一部=====
これはクレームではありません
毎回寄せられるゴルフなびのメールを大変楽しみにしている私の
独り言です
==================

指摘する人も、実はすごく気を使いますよね。でもこんなメールだと、その方の人柄も感じ逆に感動してしまいます。メールありがとうございました。

陸前高田の4中学校を訪問2/2 -市内をぐるっとドライブ-

昨日、陸前高田市の中学校を回りながら、市内を回ってみる。
やはり、ここの地域の被害が甚大だったことを感じる


気仙中学校の校舎。ここは保存されるそうです。
生徒たちは日頃の避難訓練もあり、すぐ裏手の山へ逃げて無事。
校舎の右側に見えるのは『奇跡の一本松』



2年前はさら地だった場所が、今は盛土工事真っ最中。
高い盛土の中を走っていると、どこの採掘現場に来たのか?と思う景色。最大かさ上げ12m。巨大な工事が進められている。


空中に張り巡らされた全長3km(総工費120億円)のベルトコンベア。山を削って土砂を運ぶことで工期9年⇒2年に短縮。
見学ツアーもあるらしく、見応え十分ですが、個人的には複雑な思いで見させてもらいました。

これだけの工事が本当に必要なのだろうか?

自然を壊しながら、どんなに想定してもしきれない自然の驚異に立ち向かう為、巨額の予算を使う。また、統廃合される学校やその校舎、復興住宅、そのたインフラ整備にしても同様。
でも、復興工事に関する話を訪問先で雑談で話すとき、皆さんの顔が少しだけ曇るような気がする。
おそらく、私なんかより住民の方々の方が不安なのではないだろうか。これだけの工事をしてはたして住民は戻ってくるのであろうか?震災前だってシャッター街になりつつある場所に、活気は戻るのだろうか?高い堤防の建設により、海が見えなくなる不安。他の地域でも災害発生している中の莫大な予算。学校の統廃合も将来2校への統合で話が進んでいるが、将来の人数を見据えると人数的には1校(各学年3クラス)で十分なんじゃないか?

そんな不安な顏を見てしまうと、私が良いかどうかなんて考えるのが無責任なことのように思えてくる。

『今は決めたことを信じて、最善を尽くしていくしかない。』

恐らく答えは数十年後、いや数百年後じゃないとわからないのだから。
前を向いて進め!・・ですね。

陸前高田の4中学校を訪問1/2 -寄付金をお渡し-

先月の3日(5/3)に実施したチャリティイベント『盛岡大通りへいこう』の寄付金を、昨日(6/2)陸前高田市の中学校4校(横田中、気仙中、高田東中、高田第一中)及び陸前高田市小中学校復興基金へ直接お渡ししてきました。

1日かけてて5か所を訪問。
個人的な印象ですが一つ一つステップを踏んで進んではいるものの、人々の感情や思いの変化に対して、制度変更や復興工事などが追いついていない。
『もう、待ってはいられない』のだ。
そんな中、学校の統合等で今なお不安定な状況の中、各校長先生・副校長先生達は詳しく丁寧に、時には笑いながら実体験を話してくれる。
皆さんからは
『この状況を、しっかりと発信し、伝えていかなければいけない』
という強い思いを感じる。

いろいろなお話をバラバラですが、書いてみる。
まとまっていないところもあるのでご了承を。



★☆『校庭をしらない子供たち』
各校共通なことは、校庭に仮設住宅が今なおぎっしりと並んでいること。
周囲の協力等により近隣に運動場は確保できているが、そこの名称は『グラウンド』とか『仮設グラウンド』と呼ばれる。
「(本当は)ここから、良い眺めなんですが」という言葉の裏側にある複雑さを感じないわけにはいかない。
高田東中学校は新校舎を建設中。今年度末予定だったが、入札不調・工事の遅れ等で日程が来年度のにずれ込んでいる。


★☆『今年の新入生は3人』
横田中学校は今年度末をもって第一中学校と統合する。
人数の減少理由は過疎化等が大きな理由だが、もう一つは中学進学時に学区外への入学をする生徒がいるということ。
人数が少ないということは、手厚い教育が受けれる反面、部活等の選択肢が極端になくなること。
統廃合の話は震災前から出ていて、待ちきれない親が先に学区外への入学をさせているようです。


★☆『前を向いて歩いて欲しい』
今の震災体験の子供たちは、充分すぎる体験をした。だから、前を向いた話をしていきたい。
ただし、数年後の入学してくる震災を知らない子供たちに対しては、しっかりと震災を振り返ることを忘れないようにしたい
(高田東 吉田校長先生)


★☆『家庭環境は落ち着いていますか?』
2年前に伺った学校で子供たちの状況をお聞きした時に
『生徒が安心して学べるには、まずは親が安定(経済的・精神的)しなければいけない。
今後の不安から、家で心配な顔を親がしていたら子供たちはすぐに気が付く』
(言葉は違うが、こんなイメージのことを言われた)
『親御さんを含めて、家庭の状況はいかがですか?』ときいてみると、まだまだ複雑のよう。
震災後に離婚・結婚した家庭も多いようだ。理由はわかりませんし、子供たちへの影響もわかりませんが、安定しているとはまだ言えないかもしれない。


★☆『片道1時間。往復2時間のスクールバス登校』
全壊してしまった気仙中学校は、震災発生の3月に統合し使われなくなる予定だった矢作中学校へ全校生徒が移転することになる。
しかし、気仙中学校から矢作中学校までは車で30分離れたところにあり、各地区の生徒を拾いながら周回すると1時間かかる。
学校から遠い生徒は、自宅近くに別の中学校もあるが、友人関係もあるのだろう、時間が掛かりながらも間借りしている中学校へ通う。
あと1年で卒業だから・・・
統合の話があるから・・・

運動不足が校庭がないからという話もあるが、通学の足がスクールバスになったという理由も否めない。安全安心という理由から、自ら体力を養う機会を失っている。これもやはり震災の影響。


★☆『遺影を持って集合写真』
昨年の3月に高田東中学校と統合した小友中学校の記念誌を拝見した。
今までの歴史が詰まった記念誌で、毎年の修学旅行時の集合写真もある。(背景が国会議事堂だったので、都内で撮影したのだろう)
その集合写真の最後のページは被災した生徒たちの学年。集合写真に写る生徒たちの手には遺影が。
岩手県では震災当時、学校にいた生徒たちの死亡は「0」だが、当時休んでいたり、下校した生徒たちには被災し命を落としたものもいる。
小友中学校は卒業式を前に、震災当日は午前中で終了し生徒は帰宅していた。早めに下校した生徒たちを津波が襲った。

集合写真では、亡くなった仲間の遺影を持ちピースサインをして笑顔で写る。
生徒たちの気持ちを思うと、長い時間その写真を見続けることができなかった。

実は他校も、危なかったという先生もいる。
地震の発生時刻は2時46分。午後3時になれば、各学校とも生徒たちは下校することになる。地震がもう少し遅ければ、生徒たちの被害も大きくなっていたのではと。


★☆『大川小学校の津波被害。他人事ではなかった』
広田中学校の体育館には生徒及び住民の方々が集まっていた。
校長先生は、普通の地震ではないので、もっと高い所に避難することを提案。
しかし、一同に『チリ地震でもここまで来なかったから大丈夫だよ先生』と住民たちは聞く耳を持たない。
そんな時、遠くに見えた堤防を乗り越える海水(お風呂の入った時にお湯が溢れるような海水)。その状況をたまたま見ていた校長が、ここではまずいと高台避難を指示。
全員が急いでもう少し高台の広田小学校へ避難。全員無事ではあったが、お年寄りや体の不自由な方は膝まで海水につかった。
『堤防を越える所を見ていなかったら・・・』


★☆『ネパール地震の募金』
寄付金を渡しにいった高田第一中学校。この日はユニセフ関係者も来校していた。
生徒たちがネパール地震に対しての募金を集め、それをユニセフに渡す日だったのだ。
国内や海外では災害が続発。生徒たちはお世話になった恩返しにという思いが強いらしい。

寄付は素晴らしい事なのだが、正直に言うと『寄付している人に寄付をする』というこのタイミングは、ちょっとばつが悪いもので・・・。
恐らく生徒さんたちも同じだったのでは(汗)

各学校の皆さま、市の学校教育課のみなさまには貴重な時間を割いていただきながらお話も聞いてきました。
本当にありがとうございました。

配達時 唯一の楽しみは・・・

「ゴルフなび」は北東北(岩手・秋田・青森)をメインにサービス施設さまに設置させてもらっています。※一部宮城県の県北にも設置。

北東北と一括りにしてはみたものの・・・実はこの3県、面積がめちゃめちゃデカい。都道府県の面積ランキングでは岩手が2位、秋田が6位、青森が8位と3県ともベスト10入りするほどなのだ。

ちなみにこの3県の面積は関東エリアの①東京・②神奈川・③埼玉・④千葉・⑤茨城・⑥栃木・⑦山梨の合計面積とほぼ同じ。広いわけですね~。

そんな広大なエリアで発行している「ゴルフなび」。発行すると即、各設置店へ配達にでかけていきます。今のところ全設置店の99%は、直接訪問での設置をしていますので、長距離ドライバーのように結構な移動距離となり、車の運転もなかなか苦痛に・・・・

そんな退屈な運転の中、私が唯一楽しみにしているのは、素敵な景色の中のドライブ。安全運転、わき見運転注意(汗)。そんな素敵な景色。いつもバタバタ移動するだけなんですが、今回は何枚か写真を撮ってみた。

●岩手山。岩手山の東側からみるとこう見える。岩手山は南部片富士といわれてるが、こうみるとほぼ富士山。ん!?東側といえば南部富士CCがあるが・・・もしや名前の由来はそうなのか?

●青森港旅客船ターミナル。最後の配達を終えて立ち寄ってみた。デートコースにでもなりそうな良い雰囲気の景色をみていたら、何処からか音楽が聞こえくる。そのBGMは・・・・・まさかの「津軽海峡冬景色」。←本当です。

●秋田のR7号線。この海岸線を走るのは、最高に気持ちいいです。

今回は一部だけ写真を撮ってきましたが、素敵な景色はまだまだあります。

ほんと、これは北東北の宝物ですね~。しみじみ・・・

ブログ移動してきました

ゴルフなびの籠澤です。

いままでゴルフなびのブログとしては、yahooブログを使用してきたんです。

もともと、個人のブログとしてスタートしたものを、サイトを立ち上げたときに、そのままゴルフなびのブログとして活用させてもらってました。

ただ、『やっぱりゴルフなびのWEB内での運営の方がよいかな』と思い、立ち上げました。

yahooであればメンテナンスも楽ですし、集合体の中での運営なので見てもらえる可能性も高いかもとかいろいろ考えましたが、私の日々のメモみたいなところが大半ですし、写真や動画などの制約もへるので、ゴルフなびWEB内での運営に変更いたします。

今まで通り、きままに更新してきます。