距離計測器の使用に関する解釈変更です

2016/1/1から距離計測器の使用に関する解釈が変更された。経緯もふくめて流れをまとめてみる。

解釈変更前、競技等で距離計測器(GPSやレーザー距離計)に関する規則は以下の通りである。
=========ゴルフ規則(抜粋)
ゴルフ規則14-3 人工の機器と異常な携帯品、携帯品の異常な使用(抜粋)
規則で規定されている場合を除き、プレーヤーは、正規のラウンド中、次のような人工の機器や異常な携帯品はどのようなものも使ってはならないし、いかなる携帯品も異常な方法で使用してはならない。

a.ストロークを行うときやプレーする上でプレーヤーの援助となる可能性のあるもの
b.距離やプレーに影響する可能性のある状況を計測あるいは測定する目的のもの
c.クラブを握る上でプレーヤーの援助となる可能性のあるもの
========(抜粋終わり)

 

上記のbの項目により距離計測器は使用禁止になってるんですよね。このままだと、まったく使用できないんですが、冒頭に「規則で規定されている場合を除き」とある。ルールにはこのようにも書かれている

 

======ゴルフ規則14-3 (抜粋)
委員会はプレーヤーが距離のみを計測する機器を使用することを認めるローカルルールを制定することができる
======

<

ローカルルールで認められている場合は機器の使用が元々認められていたのだ。では、どこの部分を解釈変更したのか?まずは2015年5月にR&AとUSGAがこの内容に関して「解釈変更を検討している」旨の発表がされれている。

 

今までは、距離計測機能だけを持つ機器だけが認めれていた。つまり多機能(高低差などを表示する機器)なものは距離しか測定していなくても使っていはいけないことになっていた。
そこで、上記の発表は「機器自体を禁止するのではなく、禁止事項の機能を使用していなければOKと解釈を変更しようと考えてますがいかがでしょうか?」と各メーカーに通告している。しかしその場合は、現状のままでは使っているか使ってないかの判断が難しいので、機器として禁止されている機能は使用していませんと明確にわかるような機能(スイッチ切り替え等)を追加できませんか?と予告した文書なのだ。
そして、上記のような解釈変更を年末に発表し2016年1月1日から施行された。

 

これで正式に使える機器の幅を広げる解釈変更がされた。文書の内容には具体的な追加してほしい機能なども記載されている。①「プレー」モードと「練習」モードの設定②特定の機能への「オン/オフ」モードなどなど。各社とも新商品では新たな機能を追加してくることでしょう。
距離計測器はあくまでローカルルールで認められた場合のみ使用できる。
現在使用できる競技は少ないようだが、キャディ数が減り競技のセルフ化ということも視野に入れれば、全競技で使用できる日はそれほど遠くないかもしれませんね。

2/24ゴルフなびバスツアー 利府GC

2016ゴルフなびバスツアー。先週から3連チャンで利府ゴルフ俱楽部へ。出発地の盛岡周辺は夜中の雪で路面がツルツルに。でも安心してください。利府ゴルフ俱楽部はオープンしていました。

ゴルフ場に到着するなり、ゴルフ場支配人より「持ってるね~(笑)」。ゴルフ
場も夜中の雪でオープンが微妙だったらしく、9時37分のスタート
時にはうっすら雪も残っていまし。この日、周辺ゴルフ場はクローズのところもあったようです。

 

 

プレー中のお天気はというと・・・・

写真は良いお天気ですが、強風が吹き荒れ体感温度は結構寒かったですね。

荒天を得意とする?私としては、ずいぶんと楽しませてもらいましたが。

テレビ中継でもおなじみのホールで記念写真。

先週は池のお掃除中だったので水が無かったんですが、水が張られると・・・絵になります。

 

今週はゴルフも当然楽しみだったのだが、もう一つの楽しみが昼食のカレー。

先週参加の女性のお客様が絶賛していたこのカレー。「美味しかったのでお土産に勝って帰ります」と言わせるほどの味はいったいどんなもんなのか?この日はメニューも見ずに早速注文。

うまい!ちょっと酸っぱ系で、コクもあり、普通のカレーとは一味違う。確かにお土産にもよさそうですね。(ごはん大盛り無料も男性陣としては惹かれます)多少辛みが強いので、辛いのが苦手な方はご注意をm(__)m

ホールアウト後、セルフで飲める梅こぶ茶も冷えた体にはありがたい。カレーもいいけど梅こぶ茶にも感動しています。

焼酎にいれたらうまそう(笑)

 

 

3/2(水)で2016冬のバスツアーは最終回。岩手のゴルフ場も今週からオープンしてきます。「ゴルフなび春号」も3/14発行予定と、まもなくシーズンが始まりますよ。

バスツアーの詳細はこちらから

http://www.age-sht.net/bustour2016.php

ジュニア・初心者ゴルフスクールからの・・・ 八戸CC

2月7日(日)。八戸カントリークラブに伺ってきました。目的は『ゴルフなび2016年』のご案内だったのですが・・・・・・。その日はちょうどイベントが開催されていました。

『ジュニア・初心者ゴルフスクール』

昨年から(だったはずです)開催しているこのイベント。ゴルフ人口の底上げということを目標とし、メンバーさんを中心に運営されているとのこと。この日は午前中に開催され、約30名のお子様が参加。当然大人たちも来ていますので人数は2倍以上。クラブハウス内は賑わっていたそうです。是非継続して頂きたいステキなイベントですね。

あいにく私が伺ったのは午後だったもので、すでにイベントは終了していましたが、イベントに合わせてゴルフクラブオークションも実施されていました(オークションというよりは、ゴルフクラブのフリーマーケット)。ゴルフ場のフロント前にずらっと並んだクラブを見た瞬間、打ち合わせの前から思わずジロジロと品定めをしてしまった私(笑)。綺麗なパーシモンのクラブもドキッとしましたね。私の見ている目の前でメンバーさんが3本まとめてご購入。家に飾るそうですよ。

打合せ後・・・・直ぐに帰らず、続けて品定め(笑)。

そして、ようやく1つのクラブセットにターゲットを決める。「これはお得だが、FWとパターがないなー」。そこで、単品を探し出す。すると、あるわあるわ、お得なものが!(^^)!。

そんな品定めをしていると、近隣の練習場の社長とメンバー様たちが会場に登場。一緒に品定め。そして、その方たちのアドバイス×値切り交渉の末、ついに完成したセットが右の写真。

1W~SWまでマックテックで固め。パターはテーラーメイドRossa スパイダー。キャディバックまでついてきた。ドライバー・パターの調整用ウェイトが無かったり、使用感が多少あったりと決して状態は良好とはいかないが、なかなかのセットが組みあがりましたよ。100円の値段がついていたスリクソンの3Wは、セットの中で一つだけバランスが大きく違うようなので、別利用することにしよう。

春先当りからゴルフを始めよう!という方の為に作ったセット。自分用ではなかったけれども、久々にテンションが上がりました。

ちなみに、自分のクラブは2008年に購入してからまったく変更していません。今でも結構気に入ってますが、優しく打てるクラブを見ると・・・・心の中がザワッとします。そろそろ春が近づいてきましたよ!(^^)!

2016バスツアー 表蔵王国際GCへ

2016/2/3ゴルフなび日帰りバスツアー第2弾、表蔵王国際ゴルフクラブへいってきました。本当は第4弾、しかも行先は松島チサンCCの予定でしたが、先週まで2週続けてゴルフ場が積雪クローズ、今回も松島チサンCCは積雪クローズということで行先を変更しての開催となりました。

この日の開催も先週末の大雪で開催が危ぶまれましたが、除雪作業も間に合ってギリギリオープンしていただけました。宮城県内でもこの日18Hオープンできていたのは、表蔵王国際GCと仙台CC名取コースさんだけ。『蔵王=山の中』と思いがちですが、このコースは宮城県の南側に位置し海からも約10km。県内では冬でもプレー可能なコースの一つなんです。

出発は、ゼビオスポーツ盛岡盛南店さんの駐車場。夜明けも次第に早くなりこの時間はすでに空が少し明るくなってきています。DSC_0422_s

そして朝6時30分出発。出発と同時に、「シュポッ!」と缶を開ける音。横を見るとビールで乾杯が。見渡すと後部座席の参加者の右手にもビール。うーん、これがバスの醍醐味だなーと感心しながら、酒を飲みたい衝動をぐっと抑える。

高速道路の途中の風景。

盛岡周辺よりも雪が多いように感じます。先週末は南部の方が降ったようですね。そんな横の座席ではすでに3杯目の日本酒!(笑)

 

表蔵王国際GCは2007年まで15年以上続いた男子プロゴルフトーナメント『JCBクラシック仙台』開催コース。その前の東北クラシックから数えると36年間トーナメントを開催していた歴史あるコースで、今でもその名は知られています。距離はしっかり、アップダウンもあります。ロングホールの2打目などは落とし場所がブラインドのところもあり、初ラウンドは結構苦労しますね。グリーンはやや小さ目、A・Bの2グリーン。ヤード表示はグリーンエッジなので要注意。高低差好き(ブラタモリ風)の私としては、好きなコースの一つに仲間入りです。

この日の気温は5度(予報)。晴れ。しかもほぼ無風。

寒いのが嫌いな私。背中とおなかに貼った5枚のカイロと、この日の為にと購入した普通のカイロよりも高温になる『激アツカイロ』は、ほぼ無用の長物に。うれしい反面、ちょっとだけ悔しい。

 

とにかく最高のお天気。ラフに若干残雪もありましたが、プレーエリアは問題なく参加して頂いた皆さん冬ゴルフを楽しんでいました。

ティは白・青どちらでも良いということだったので(通常は白ティらしいです)青ティからラウンド。この日はなぜかパターが絶好調。グリーンが小さ目なので寄せワンも多かった。前日の練習ではどうなるかと思ったが、楽しくプレーができました。同伴者も何度も「幸せだー」を連発していました。

写真はありませんが、昼食もボリュームも味も◎。コストパフォーマンスが高い。そしてスタッフの皆さん笑顔での対応。コースも館内も素晴らしい。参加の皆さんも大満足で帰宅されました。

 

この日感じたのは、戦略性の高いコースで初ラウンドする場合どうしても情報量が不足してしまうということ。ヤード杭やカートに積まれたコースガイドでも十分プレー可能ですし、数回ラウンドすれば解消されるんですが。そんな時は、割り切って「気配を感じてプレー」する。ちょっとした地形のふくらみをみつけて「なんか、あそこにバンカーありそうだなー」と隠れたバンカーを探ってみたり、「あんまり飛ばすと木が邪魔になりそうだなー」と短いホールの罠を見つけたり。設計者の意図を探りながらプレーするのも楽しいもの。打ったボールの傍まで行って、「読みが当たったぜ!」と1人でほくそえむのも初コースの面白さでもある。そんなプレーも意外と好きで、恐れがないのでスコアが良かったりもします(笑)

ただ、ハザードまでの距離、グリーン周辺の情報など、詳しい情報があったら・・・と、感じるときも時々ありました。ヤード杭やカートに積まれたコースガイド、同伴者のGPSナビ等(大変助かりました・・・電池切れするまでは(笑))の情報をかき集める。色々みながらは意外と手間なんですよね。

昨年から制作構想を練っていた紙のコースガイド(ヤーテージブック)。今はコースガイドのGPS化が進んでいます。また周囲の方のご意見、お客様の需要(コースを知っているプレーはには不要なんじゃないか)を考慮した場合判断に苦慮していましたが、それでも商品化したらプレーヤーのお役に立てるのではないか?と感じさせられるラウンドでもありました。

よし、つくるか!?