ティーショットからプレッシャー ~北上CC~

お盆の終りに知人に誘われ、12年ぶりに北上カントリークラブをラウンドしてきた。

以前ラウンドした時はオープンコンペへの参加。同伴競技者に78歳の方がいて、その元気なプレーに『こんな風に年を取りたい』と感動した思い出の場所でもある。(年をとっても元気にゴルフをしたいという思いから、年配者にしかできない名誉、エージシュートを頂いて会社名にしています)

そんな思い出がありながら、コースに関する記憶はほとんど残っていない(汗)。でも今回はメンバーさんと同伴だったので、いろいろ教えていただき心強かった。

さて、そのコースの方だが、一言でいうと『手強い』。①ティーショットからプレッシャーを感じる。ホールの片側が谷(落ちるとOB)だったり、横から林がせり出していて、狙いどころを狭めていたりとティーショットからショットの精度が試される。この日は調子のせいもあるがフェアウェイを捕えることが少なく、これでラフが長かったら・・・・ゾッとしますね。

②グリーンが難しい。この日は朝からストロークがスムーズでなかったのだが、距離感とラインが結局最後まであわず、痛恨の38パット。スピードも結構ありましたが、メンバーさんに聞くと『晴れてくれば(この日は朝から小雨)もっと早くなるぞ』とのこと。

1ホールのアップダウンはすくない丘陵コース。カートはリモコンカートで歩くのが好きな方にはおススメ。芝の状態も良く、気持ちよくラウンドはできる。しかも戦略性が高く様々なレベルの方が楽しめるコースではないでしょうか。

北上CCは8月いっぱいまで、前の日の天気予報が30度を超えると、昼のドリンク2杯までサービスを実施中。この日もしっかり2杯、頂きました。

ゴルフレンジ・アプローチエリアなど、練習場も完備。

ゴルフレンジは15球(100円)。隣のお兄さんたちが『時間がないので、良かったらどーぞ』と置いて行ってくれたボールも含め、70球を打つ。(ちょっと打ち過ぎた)

スコアは86回

結果は上出来だが、3パット6回の計38パットは悔やまれるなー。

フルバックはモンスター ~ニュー軽米CC~

8/12のゴルフなびコンペは人数が少ないため中止となりましたが、せっかくゴルフモードになっていたのですから、中止の連絡と同時にお客様にお声を掛け、プライベートでラウンドすることになりました。

しかも、ご一緒する方の中に片手シングル(ハンデ5以下)の方がいて、『バックティから回るべ』という話になり・・・・・

なんとっ!今回はモンスターコースニュー軽米CCのバックティ(ブラック)からラウンドしてきました。

ニュー軽米CCは27Hのゴルフ場で、今回のラウンドは『桜-七竈』コースをプレー。バックティからだと全長7,057ヤード。コースレートは73.0。しばらくの間、フロントからエンジョイゴルフしかしていなかったのでちょっと緊張する反面、長い距離に挑戦するワクワク感もあり、ドキドキの中スタート。

以前、1回ラウンドしたことがあるんですが・・・、細かいレイアウトまでは思い出せない。狭くて難しいコース。ドッグレッグや1ホール中の起伏もあり、コースを知らないと狙いどころがわかりにくいという印象だった。

案の定、スタートホールとなった桜1番ホールも狙いどころが難しい。落ち際が見えないところへティーショットを打ってしまって、ハラハラしたが結果は何とかセーフ。しかも今回はフルバック。ラウンド経験者のアドバイスとカートに搭載されたGPSなびを見ながら慎重にプレーしようと気持ちを引き締める。

ティーショットは相変わらず右に左にとブレるんですが、今回は予想よりもぶれ幅が少なく、私にしては上出来!(池ポチャは1回ありましたが、OB無し)。ただし、ドライバーが平均230Yぐらいの飛距離では、2打目の距離も残り、当然パーオンするわけない。寄せて2パット、ボギーペースを目標。

ロングホールは2打目で距離がしっかり稼げればパーチャンス。

そしてミドルホールも桜6番の486ヤードのPar4(ばけものホール)などを除けば400Y以下のミドルホールも多い。ティーショットさえうまくいけばパーオンチャンスもある。

一番厄介なの、ショートホール。桜3番218Y,桜8番221Y、七竈4番194Y,七竈7番188Yと距離が長い。ここをどうやって切り抜けるか!?今回は、なぜかウッド系が良く、今年6月のラウンドで3Wと5Wを使うことを覚えた私は(ウッド系は苦手で、今年の6月までほとんど使うことがなかったが)、ティーショットをそこそこに打ち、寄せて2パットと狙い通り。桜の8番では1オン2パットのパーがきて、4ホールを3オーバーと上出来の結果。

全体的には良かったはずなのに、詰めの甘さも。

バンカーショットを2回もミス。ホームラン病(汗)。そのホールはアプローチやパターにもミスが連動し大たたきをする。

まあまあの調子ながら上がってみると45+45=90。 目標の80台には1打足りず・・・無念の結果でした。やはり、まあまあぐらいでは結果をださせてくれないニュー軽米CC。次来るときにはビシッとリベンジしたいですね。

久々に長い距離のホールをプレー。しびれましたがやっぱりバックティは面白いし、燃えますね~。距離のプレッシャーがなく楽にくプレーすることも楽しいですが、厳しい状況の中プレーすると自分の下手くそぶりが明らかになり、『向上心スイッチ』オンします(無性に練習したくなる)。どうやら上達するには、コースに叩きのめされることも必要のようです。

スイッチの入った編集長。次回の9/8(火)のゴルフなびコンペ9月大会を楽しみに!

写真は昼食のスペシャルナポリタン。料理の良さもモンスター級です。

ゴルフなびコンペ8月大会 今回は中止です

8/12は『ゴルフなびコンペ8月大会』でした。残念ながら予約が少なく(2組)、コンペとして開催するのは困難と判断し、今回は涙をのんで中止にいたしました。(3組以上なら・・・)まだまだ魅力的なコンペではないなとつくづく反省しております。

裏話としては、中止後にご予約のお電話が3件あり、その3件があれば開催できていたんですが・・・・。通常は空き枠があれば直前でも大歓迎なんですが、既にご予約いただいていた方へのご連絡も含め、早めが良いと判断し1週間前に中止を決定させていただきました。

次回は9/8(火)大館カントリークラブ。

なんとしても開催したい!。是非ご予約をお待ちしております。

 

みちのく古都CC 初ラウンド!

先日、みちのく古都CC(岩手県奥州市)を初ランドしてきました。

みちのく古都CCのWebページはコチラ
http://www.michinokukoto-cc.co.jp/index.html

以前から『いいコースだぞ』といわれて、行ってみたいと思いつつ、なかなか機会に恵まれなかったが、今回ゴルフ場のコンペに呼ばれたので喜んで参加してきました。

全長はフルバックティからは6810Y。今回はホワイトティだったので5986Y。ちょっと短め。
山すそに広がる丘陵コースではあるが、全体としてはほぼフラットでプレーがしやすい。また、隣接するホールとセパレートする木も少なく、トラブルになりにくいですね。
ただし、数カ所のアップダウンがあるホールや谷越え、池を絶妙に配置することでアクセントになり、戦略性が高く楽しめる。数カ所のドッグレッグではティーショットのクラブ選択も悩みますね。(NO.7は見事突き抜けOB)

ティの位置を変えることによって初級者~上級者までが楽しめるコースです。

その中でも名物ホールはここ!
グランドキャニオン?といわれるこのホール。INコースNo.15 Par5。

ティーショットは谷越え。そのあとは、グリーンまで上り傾斜が続く。

 

1打目地点の両脇は断崖の岩場。これがグランドキャニオンと呼ばれる理由。

当るとどこに跳ねるか予測不能の崖。この景色はなかなか見れないですね。名物名物(^_^)/

 

フロント周りやロッカールームなど、クラブハウス内は広くとても綺麗で気持ちが良い。

 

 

外観も純和風っぽくかっこいい。

これで、練習場なんかがあれば最高ですけどね~。

 

私自身、今回のラウンドはOB後の特設ティからのカップインや3連続バーディなどもあり、スコアがまとまったという理由もあるが、おそらくスコアは出しやすいコースではないだろうか?(今季ベストの40+35=75)

ティーショットにもそれほどプレッシャーを感じず伸び伸び打てるレイアウトで、気持ち良くプレーできエンジョイゴルファーには断然おすすめです。

早朝好きわたしとしては、平日3500円、土日4500円のこのプランがメチャクチャ魅力的ですが・・・