岩手が動いた! 予選会を新設 岩手県アマチュアゴルフ選手権

以前、「ゴルフなび」にも書いたのですが、私も以前は競技ゴルフに参加をしてまして・・・上位に行くほどの腕前はなかったんですが、年1回の大会に向けて練習したり、自分なりに作戦を練ったりするのも楽しかったですね。と、思い出に浸る・・・

運営の変更

東北でアマチュアゴルファーが参加するメジャー大会といえば、各県で開催される○○県アマチュアゴルフ選手権ですが、その大会運営の方法に関して、今年岩手県ゴルフ連盟が動きました。昨年まで実施していた大会を決勝大会と位置づけ、その決勝に参加する為の予選会が新設・開催されるんです。

もともと、岩手県アマチュアゴルフ選手権は200名を超える申込みがあるほど、参加人数が多い大会。1日の参加人数のキャパをオーバーしていたんです。(昼の休憩も結構なものだったらしいです・・・・)その解消方法として、2つの会場(4/23に盛岡ハイランドCC、4/24に江刺CC)にて予選会実施。その上位が決勝大会で争うという運営スタイルに変更したのです。そうすることで1予選会場160名×2会場=320名 まで参加人数が拡大されることになります。

関東エリア等の参加人数の多いところではこのような開催がされます。(私が以前いた県では予選会場が10カ所。さらに準決勝が4会場で。そこを勝ち抜くと2日間競技の決勝大会でした)しかし、競技人口の少ない?東北では現在は実施されていません。(過去のゴルフブームの時はあったのかな?:不明)

いや~、うれしい変更ですね ヽ(^o^)丿

参加キャパが増えたのもうれしいのですが、もっと嬉しかったことが2つあります。

1つ目

1つ目は参加条件が緩和されたことです。昨年まではハンディキャップインデックスが10.4以下が条件でした。それが今年の予選会からは14.4以下に緩和されました。(但し、決勝大会に参加するには10.4以下でなければいけませんが) これによって、参加することができるゴルファーの母数が増えます。

私が初めて競技に参加したのはHDCP12の時でした。スコアでいうと85~90ぐらい。シングルになりたくてゴルフに熱くなっている時です。そんな時だからこそ、チャレンジしたくなるし、木端微塵に打ち砕かれても、また更に練習をしチャレンジをしてくる。当然、予選会などは通ることは難しいですが、あの時期の上級者とのラウンドは非常に刺激になり、ある意味練習の目標にもなりましたね~。

2つ目

そして2つ目は、予選会が1日競技であること。このような大会は学生も参加しますが、社会人・サラリーマンがほとんど。(宮城県は学生が大半の様ですが)。それなのに大会が平日2日間競技となると、会社を休んでの参加はなかなかむずかしい。ちょっと出てみようかという気にもならない。でも1日であれば、有給休暇など使えば可能なレベルになりますよね。

岩手のゴルファーには門戸が広がりました。興味がある人は是非、参加してほしいですね。あの緊張感を味わってほしい!普段の生活では味わえない緊張感。私が競技に初めて参加した時のティーショットはチョロ(30ヤードぐらい)でした。いまでも忘れない強烈な苦い思い出です。

 今後・・・

今年、変更がされたわけですが、将来的には参加資格はHDCP制限は20ぐらいにしてほしいですね(私の勝手な思いですが)。なぜなら競技の登竜門といわれるパブリック選手権がそれなんですよ。ちなみに今年のパブリック選手権の参加資格はというと

(競技要項 抜粋)

参加資格: 次に該当する男子アマチュアゴルファーとする。 (1) ハンディキャップ20.0程度以上が望ましい (2) 日本ゴルフ協会ゴルフ規則に規程されたアマチュアゴルファー ※高等学校までに在学している生徒は保護者等責任者の参加許可書(様式自由)を添付する ※重複エントリーはできない(失格)

(抜粋 おわり)

ハンディキャップ20.0程度が望ましいですよ。20じゃなくてもいいということでもあります。きっちり決まっていない。こうなると結構な初心者も参加しますが、全体の参加人数が増えます。昔私が参加した予選会では160名ぐらいの参加で予選通過が5名ぐらいとものすごく狭き門でした。3オーバーぐらいで回らなければ通過しないというレベルなんですが、それでも競技の雰囲気を味わうことができる良い経験だったと感じてます。

 

上級者からすると、「下手くそなんか出てくるな」と思うかもしれませんが、結果的に決勝には上手い人しかいけませんから大目にみてください。m(__)m  ゴルフ人口拡大に向けて、参加したいと思う人にはどんどん参加してもらいましょう。100切って90台ぐらいの時って、ゴルフに燃えてますよね。そんな熱くなっているときに競技に参加してもらいましょうよ。

岩手県のこの変更が、今後の大きな1歩になるよう、私も陰ながら応援していきますよ。

 

 

配達時 唯一の楽しみは・・・

「ゴルフなび」は北東北(岩手・秋田・青森)をメインにサービス施設さまに設置させてもらっています。※一部宮城県の県北にも設置。

北東北と一括りにしてはみたものの・・・実はこの3県、面積がめちゃめちゃデカい。都道府県の面積ランキングでは岩手が2位、秋田が6位、青森が8位と3県ともベスト10入りするほどなのだ。

ちなみにこの3県の面積は関東エリアの①東京・②神奈川・③埼玉・④千葉・⑤茨城・⑥栃木・⑦山梨の合計面積とほぼ同じ。広いわけですね~。

そんな広大なエリアで発行している「ゴルフなび」。発行すると即、各設置店へ配達にでかけていきます。今のところ全設置店の99%は、直接訪問での設置をしていますので、長距離ドライバーのように結構な移動距離となり、車の運転もなかなか苦痛に・・・・

そんな退屈な運転の中、私が唯一楽しみにしているのは、素敵な景色の中のドライブ。安全運転、わき見運転注意(汗)。そんな素敵な景色。いつもバタバタ移動するだけなんですが、今回は何枚か写真を撮ってみた。

●岩手山。岩手山の東側からみるとこう見える。岩手山は南部片富士といわれてるが、こうみるとほぼ富士山。ん!?東側といえば南部富士CCがあるが・・・もしや名前の由来はそうなのか?

●青森港旅客船ターミナル。最後の配達を終えて立ち寄ってみた。デートコースにでもなりそうな良い雰囲気の景色をみていたら、何処からか音楽が聞こえくる。そのBGMは・・・・・まさかの「津軽海峡冬景色」。←本当です。

●秋田のR7号線。この海岸線を走るのは、最高に気持ちいいです。

今回は一部だけ写真を撮ってきましたが、素敵な景色はまだまだあります。

ほんと、これは北東北の宝物ですね~。しみじみ・・・

2015春号 本日発行か!?

昨日は、すごい雪でした。朝起きたら30cmはあろうかという雪。近所の方とも「1日で積もった量は今年最大かもな」と会話をしながら事務所前を除雪。

お陰ですっかり本日は筋肉痛です。イタタタッ

右の写真は事務所前。人が通れるだけの幅を、きばって雪かきしてみた。

細い道だが午後には除雪車が入ってくれる道。でも新雪の上に一筋の足跡。すでに誰かが歩いたんだね~。

それを見て「雪が深くても誰かが通りたいと思わせる道なんだ」と思い、朝のウォーミングアップ?を兼ねて除雪をする。

除雪直後、一人の女性が歩いて通る。特に何も言わず、言われず。でも、軽快に歩いて通る女性の姿をみて、人の役に立ったような気がして・・・なんかすがすがしい朝でした。

クーポン付パンフレット型 フリーペーパー「ゴルフなび」

ゴルフする人にとって、無くても困るわけではありませんが、あるとうれしい、あったらちょっと楽しい・・・ゴルフという遊び、スポーツを楽しむために・・・・そんな存在を目指しています。

 

 

そんなこんなで3月12日の本日。ゴルフなび2015春号が発行予定ですが・・・・・印刷物とどくかな(不安)。待ちきれない方の為に、一足はやくWebでは公開。

ゴルフなびのWebページはコチラ↓↓

https://age-sht.net/

※トップページの右側バナーをクリック

 

 

そして、こんなポスターも出来上がる・・・・・予定。

ゴルフなびの春のイベント企画です

 

 

気軽にゴルフ体験に関しては、もう一つポスターあります。

どーん!

本日より配達予定ですが、全施設への配達完了は3月25日頃の予定ですので、届かないという方は以下の日程で配達してますので、少々お待ちくださいね。

設置スケジュール

  • 岩手エリア・・・~3月16日
  • 青森エリア・・・~3月18日
  • 秋田エリア・・・~3月23日

雪よ、これ以上降らないで・・・くれ